健康保険が適用される薬価はどのように決まっているのか

小野薬品工業のがん治療薬「免疫チェックポイント阻害剤『オプジーボ』」
肺がん患者5万人にこの薬が処方されると、1年間でこの薬の薬価合計が1兆7500億円になると試算され大きな問題となっている。

悪性黒色腫に加えて非小細胞肺がんにも適応されることになり、罹患者数に基づき試算したものが1兆7500億円という医療費だ。
当然、健康保険が適用できるので患者の負担は3割~1割となる。さらに、ほとんどの場合高額療養費の適用になるから個人負担はもっと減る。すると、その分健康保険からの給付が増えてしまう。

スポンサードリンク

現在の日本での医療費総額は40兆円、うち薬剤費が10兆円だそうだ。そこにオプジーボが加わるといきなり12兆円近くに跳ね上がると予測されている。膨れ上がる医療費が国の財政負担に重くのしかかる。

なぜ、こんなにも高額な薬が生まれるのだろうか?
そこには「薬価基準」という国が定めた仕組みがある。つまり『薬の値段は国が決めている』のだ。

製薬会社の競争とは無縁のところで薬価は決まっている。

国が決めた薬価によって、国の健康保険制度が崩壊しかねないと騒動になっている。
国が薬価を決める時に、このような騒動になるかもしれないことを何故予測できないのだろうかと不思議でならないが、どうやら薬価の見直しは不可避の情勢である。

小野薬にとってはもうひとつ嬉しくないニュースがある。

オプジーボの適応症の拡大が期待されていた「肺がんの臨床試験」が失敗に終わったことだ。
薬価が仮に下がっても、適応症が拡大されると次の薬価見直しまでは売上増加の期待があった。

新薬の誕生は患者にとっては生死を決める重要なファクターだが、製薬会社にとっても企業生命にとっての大事なファクターなのだ。

肺がんに効果的な高額治療薬が保険承認その光と影

スポンサードリンク

このページの先頭へ