ノンアルコール日本酒はまずくて飲めないのか

ノンアルコール飲料がお茶の間や飲食店でもあたり前になった。
ほとんどはビールのノンアルコール版だが、ワインがブームになりつつあるという。

スポンサードリンク

料理に使ったりもちろんワインを飲むようにフツーに飲むわけだが、味はほとんど“ぶどうジュース”だ。だが、ワイン特有の濃厚さがあるので、アルコールが無くても充分にワインを飲んだような気分になる。

これまでノンアルコール飲料として市販されたものは

  • ビール
  • ワイン
  • カクテル
  • 酎ハイ
  • 日本酒

とあるが、日本酒だけは受け入れられなかったようだ。

日本酒のあの独特のコクはアルコールの力もある。
日本酒からアルコールを除くと、ただの味醂になってしまうと思うが、もっと酸っぱくなってしまうそうだ。

ところが・・・・・

1625年創業の金沢の福光屋では、2002年に、のんある代吟醸「宴会気分」なるノンアル日本酒を発売後、2012年に「零の雫」を発売し現在も販売しているようだ。

参照 ⇒ 純米酒テイスト飲料「零の雫(ゼロのしずく)」

これはもしかしたら飲める代物かな?

DRIVE REGIONS_福光屋

スポンサードリンク

このページの先頭へ