テロンチコートはトレンチコートをゆる~く着こなすのが魅力

テロンチコートというコートが話題だ。
『テロっとしたトレンチコート』をテロンチコートという。
素材は柔らかくしなやかな感触がするピーチスキンなどで作られるようだ。

スポンサードリンク

トレンチコートとは第一次世界大戦の頃にイギリス軍兵士の為に考案されたコートだ。
第一次世界大戦はイギリス・フランス・ロシア・アメリカ・日本などの連合国軍とドイツ・オーストリア・ハンガリーの三国同盟国が戦った戦争だったが、現代とは異なり地上戦が主体であった。

地上戦はつまり陸軍兵士の肉弾戦であり、陣地を構えて対峙するスタイルが戦いの主な姿だ。
陣地には防御施設として塹壕という、身体を隠すことができる大きな溝を掘った。
この塹壕をトレンチという。

つまり、トレンチコートとは塹壕の中で寒さを凌ぐための防寒衣であった。

戦争が終わると、トレンチコートを作ったバーバリー社やアクアスキュータム社は、もっと実用的で機能的なトレンチコートを発売し、ハンフリーボガードなどがスクリーンの中で着用し世界的に流行するようになった。

ボディラインがそのまま表れるので、スリムな体型だとすごくかっこよく見える。逆に、メタボが着るとこれほど野暮なものは無い。

トレンチコートの遺伝子を持ったまま、今風のゆる~い着こなしを表現できるところがテロンチコートの魅力だ。
トレンチが苦手な方必見!最旬春アウター《テロンチコート》って?

手作りトレンチコートでお散歩の練習をするネコ

スポンサードリンク

このページの先頭へ