真田丸の見どころは室賀正武の最期に見せる信幸の悲しむ姿か?

今年のNHK大河ドラマ「真田丸」は好調だ。
登場人物にはなじみの武将が多く出るが、「ん、誰だこいつは?」と思ったのが西村雅彦演ずる室賀正武である。

『黙れ小童!』と、大泉洋演ずる真田信幸を一括するシーンが印象的だ。
一括された信幸の落ち込む姿がなかなかいい。

スポンサードリンク

さて、室賀正武とはいかなる武将だったのか。

信濃には清和源氏の流れである村上氏が平安時代から勢力を持っていた。
この村上氏の支流に室賀氏がある。

真田丸の舞台となる少し前に、村上氏は武田信玄に敗れて上杉謙信を頼り、信濃から村上氏の影響力は無くなってしまった。
室賀氏の当時の当主が室賀信俊であったが、村上氏が越後に去った後、武田信玄に仕え家督を子の満正に譲った。満正は武田家滅亡後に死去し、子の正武が室賀家の家督を継ぎ、真田丸の舞台に登場するのである。

室賀氏は元々は村上氏に使える重臣であったが、信濃にて村上氏と敵対していたのが根津氏である。
根津氏は村上氏と同じく清和源氏の流れと言われる滋野氏の支流であり、真田氏は根津氏の家臣であったと言われる。

つまり、真田家と室賀家は、元を正すと主君同士が相争う関係だった。
そのような関係であれば、仲良く出来ようはずもなく、真田の嫡男を『黙れ小童!』と一括する所以なのだ。

真田丸では、次男信繁があきれるほどの権謀術数に長けた昌幸が描かれるが、この時代そうでもしないと生き永らえなかったのだから、やむを得ないことだ。
室賀正武も最後には昌幸の策略にはまり命を落とすことになる。

その時、信繁はどのような表情をするのであろうか。
そしてもう『黙れ小童!』と一括されることの無くなる信幸は、どんな顔をするのだろう。

真田丸室賀と真田

スポンサードリンク

このページの先頭へ