葛西臨海公園にある水族園は日本一の水族館

水族館の話題なら是非触れておかなければならない水族館がある。
葛西臨海公園の水族園についてだ。開園初年度の入場者が日本一という記録を持つ水族館だ。
昨年、マグロが大量に死んでニュースになった水族館である。

葛西臨海水族園は都立葛西臨海公園の中にある。
この公園は新宿御苑の約1.4倍の面積があるというから、かなり大きな公園である。
東京湾の沿岸を埋め立てて公園が整備された、ウォーターフロント開発事業の成功例と言われている。埋め立て面積は348ヘクタール、東京ドーム74個分になる。

スポンサードリンク

埋め立てを行った一帯の凡そ半分は地盤沈下が激しいところで、最も沈下の大きいところでは80年間で2メートル沈下したという。原因は天然ガスの採掘に伴う地下水の汲み上げによると言われている。

いわゆる「海抜ゼロメートル地帯」と言われる地域のひとつがここだ。

「海抜ゼロメートル地帯」は地球温暖化の影響による海面上昇の影響を真っ先に受ける地域だ。公園の造成にあたっては防波堤の役割を担うように作られたというが、果たして海面上昇に役立つようになるのだろうか、と余計なことを心配してしまうが、まだ10年や20年は、子供たちを楽しませてくれる施設だろう。

葛西臨海水族園 ヒーリング動画 水の揺らぎと癒しの水族館

スポンサードリンク

このページの先頭へ