町田は元々神奈川県だったという常識

2月5日朝、神奈川県東部を震源とする地震があった。
ネットでは「やっぱり町田は神奈川県だったんだ」と盛り上がっているという。
「やっぱり町田は東京じゃない」 神奈川震源の地震でネット盛り上がりそう!町田は元々神奈川県だった。

スポンサードリンク

町田市は江戸時代を通じて、幕府直轄領である天領、その後旗本も知行地を与えられるなどして、幕府と徳川家旗本の領地であった。

明治維新を迎えて政府直轄領を経て神奈川県に区分された。
つまり廃藩置県によって町田は神奈川県の街としてスタートしたのである。それが東京都に編入されたのには理由がある。

明治維新から25年後の1893年4月1日より、町田を含む三多摩は当時の東京府に移管された。

理由には諸説あるが、最も有力な説が『多摩百年のあゆみ』に述べられている。

この時期の多摩地域は自由民権運動の中心でもあり、この時期には自由党の地盤でもあった。~中略~軍事大増強を阻もうとする自由党の地盤を行政区画の変更という手段で解体した

のではないかというものである。

つまり、神奈川県議会においてそこそこの勢力となっていた自由党だが、東京府に移管されると東京府議会では影響が減殺されるという政治的理由であったという。
その後、神奈川県に戻そうという動きもあったというが、ご存知の通り今も東京都である。

【名物!?】「神奈川県町田市」東名横浜町田インター付近

スポンサードリンク

このページの先頭へ