海外勤務の社会保険やマイナンバーってどうなる?

今年からマイナンバー制度が始まった。
そこで気になったのだが、海外勤務の人はマイナンバーや社会保険ってどうなるのか?

マイナンバーは住民登録をしている人に配布されるので、現在海外勤務で住民登録を日本国内にしていない人はマイナンバーは無い。将来、帰国して住民登録をするとマイナンバーが与えられるそうだ。

スポンサードリンク

一生使うというマイナンバーだから、一度与えられると、将来海外に居住することがあっても、マイナンバーは有効になっているそうだ。
当然だが、戸籍との紐づけも行われるので、パスポートも紐づけされることになる。

社会保険は勤務先との関係になるが、日本の企業との雇用契約であれば、海外に住んでいようと日本の社会保険が適用される。
したがって、外国の病院にかかった場合も健康保険は適用される。ただし、日本のように3割自己負担という仕組みは使えないので、いったん医療費の全額を支払った後に、保険者に請求をして自己負担分を差し引いた金額が払い戻される。
しかも、審査があるのである程度の期間がかかるそうだ。
海外で病気や怪我をしても日本のように気軽に病院にいくわけにはいかないらしい。

では、実際に海外で病院に行かなければならなくなった時どうすればよいのか。
イザという時の為に事前に赴任地の病院はチェックしておこう。

一般財団法人 海外邦人医療基金(JOMF)のサイトには、日本人が利用している医療機関のデータベースがある。
参照 ⇒ 日本人が利用している医療機関

マイナンバーの変 (「本能寺の変」~マイナンバー ver.~)

スポンサードリンク

このページの先頭へ