自動車保険の補償範囲はここまで広がる

自動車保険は車を持っている人なら100%加入していると思うが、補償の範囲をどこまで知って契約しているだろうか。

すべての損害保険会社とは言えないかもしれないが、個人賠償責任補償特約をオプションで付保できる自動車保険商品がある。

例えば
東京海上日動火災保険
セゾン自動車火災保険

東京海上日動火災保険のサイトを見ていくと、『自動車の保険』⇒『トータルアシスト自動車保険』⇒『商品について』と順にページを進んでいきこのページの中間ぐらいに『その他の特約』というバナーぽいのがある。その『詳しくを見る』のリンクをクリックすると『トータルアシスト自動車保険のオプション詳細』にたどり着く。

オプションの中に『個人賠償責任補償特約』というものがある。

スポンサードリンク

よく読んでみると、要するに自動車には関係の無いことでも、偶発的な事故によって損害を与えた人に対して賠償する責任が発生した場合、保険によって補償されるというものだ。

対象となる事故の例としては、セゾン自動車火災保険のおとなの自動車保険に詳しく掲載されているので引用すると以下のとおり。

  • 自転車で転び、駐車中の他人の自動車を傷つけてしまった。
  • 子供が、自転車で通学中に他人にぶつかり、ケガをさせてしまった。
  • 子供が誤って、他人の家の窓ガラスを割ってしまった。
  • マンションで洗濯機から水が溢れ、下の階の戸室に被害を与えてしまった。
  • お店で陳列してある商品を壊してしまった。
  • デパートで子供と買い物中に、子供が手に持っていたソフトクリームを商品の着物につけてしまった。
  • 散歩中に、飼い犬が他人に噛み付いてケガをさせてしまった。
  • ゴルフプレー中に自分が打ったボールが他人にあたり、ケガをさせてしまった。

こんな補償がわずかな保険金でプラスされる。

自動車保険の更新が近くなったら確認してみるとよい。

自動車保険の基礎知識① 任意保険(交通事故の基礎知識)福岡の弁護士・田代隼一郎

スポンサードリンク

このページの先頭へ