日和見感染の原因であるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌の恐怖

MRSAと略称される細菌がいる。
抗生物質メチシリンに対する耐性を持った菌なのでこの名がついているが、実際には多くの抗生物質にも耐性を示す。

耐性菌の多くは抗生物質が日常的に使用される病院内に生存しているといわれる。たくさんの抗生物質に晒されているので、耐性を持つように成長していくのだ。

耐性を持つ前の状態ではヒトにあまり悪さはしない。どこにでもあり誰でも保有している細菌である。

スポンサードリンク

ヒトはたくさんの細菌を身体中に宿している。
いわば、仲の良い友達みたいなものだ。細菌が悪さをしようとしても、それを抑え込む抵抗力を本来的に持っている。
しかし、ひとたび何らかの理由でこの抵抗力が弱まると、細菌が起こす様々な感染症を発症する。

普段は仲の良い友達が豹変する・・・・・これを日和見感染という。

日和見感染を起こす細菌は実は恐ろしいものだ。
これらの細菌は耐性をもっている、つまり抗生物質が効かない。ハッキリ言って治療の方法が無いのだ。

先日のニュースで、ジェルネイルのトラブルであるグリーンネイルを取り上げていた。
ジェルネイルを付けていた爪が緑色に変色するのだ。
その原因は緑膿菌である。

緑膿菌はどこにでもいる菌である。
土の中、水の中、そしてヒトの腸内にも存在する。

そして・・・強い薬剤抵抗性を持つ日和見細菌の代表みたいなものなのだ。

ジェルネイルの手順

スポンサードリンク

このページの先頭へ