人工音声で自分の声を出せる~こんな社会になると

音声を合成する技術、つまり人工音声に係わる技術開発はかなり進んでいる。
「おはよう」というあいさつでも、元気で明るい調子の時もあれば、体調が悪く気分が晴れない時とではまるで違うものになる。

人工音声で「おはよう」は、オ ハ ヨ ウ と、一本調子だったのは以前のことで、人間の喜怒哀楽の感情を表現できるレベルまできたという。

やがて、自分とっそくりな声がパソコンやスマートフォンから出るようになることは間違いない。
また、ボイスチェンジャーという電話装置があるが、息子の声とまったく同じ声で電話が来ると、オレオレ詐欺の被害件数は増大するだろう。そんな社会がまもなくやってくる。

スポンサードリンク

自分と同じ声、同じしゃべり方で他人が真似できる。
防犯カメラに記録された映像を、ある人物に似せて編集することも出来るようになる。

なりすましは様々なシチュエーションで可能となり、被害者になることもあれば、犯罪者としてでっち上げられることになるかも知れない。
こんなことを想像すると、恐ろしい社会が待ち受けているように思えないだろうか。

人間が生みだした技術によって人生が翻弄されることもある。
皮肉なことだ。

あまり悲観的にならずに人工音声を試してみよう!
音声合成ソフトで自然な読み上げを実現

Yahoo!ブログに、(音声合成ソフト)を使ってブログに音声を挿入する方法

スポンサードリンク

このページの先頭へ