ホンダジェットのお値段はゼロ戦の3.7倍だった

ホンダが作ったジェット機が4月23日、日本で初お披露目した。
29年前、研究に着手し試作機が空を飛んだのは22年前である。
4月25日から連休中、全国5か所でイベントが開催される。

スポンサードリンク

アメリカでは2万機ものビジネスジェット機が利用されているという。日本でも車のように、気軽にジェット機が利用される時代がくるのだろうか。

では、気になるそのお値段だが・・・約5億4千万円だそうだ。あるサイトに旧海軍の零戦の価格が出ていた。今の貨幣価値に換算すると1億4千7百万円ぐらいらしい。
つまりホンダジェットはゼロ戦の3.7倍、意外と安いように感じるが、個人で買えるものではない。
いや、6億円・・・totoとかロト7なら可能な金額だ。

年間に数十人はホンダジェットのオーナーになれる。

ジェット機を所有すると当然フライトしたくなるが、国内のほとんどの飛行場は離着陸が可能だ。ただし事前にフライトプランを提出し許可を受けることが必要だ。

ホンダジェットのオーナーになると
フライとしない時は格納庫の使用料がかかる。
フライトのたびに空港使用料はじめいろんな維持費用が必要となる。
もちろん飛ぶたびに燃料代もかかるわけで、国内のオーナー第1号は誰なのだろう?

「ホンダジェット」お披露目 本田宗一郎の夢 日本の空に

スポンサードリンク

このページの先頭へ