原子力発電に替わる新たな発電方式の潮流

高浜原発の再稼働を禁止する仮処分が、福井地方裁判所で決定された。
今年2月に原子力規制委員会が安全審査合格の決定をし、再稼働の見通しが立ったかに見えたが、先行きは不透明となった。

スポンサードリンク

今年2月にテクニカルショウヨコハマに出展したブレードレス流体圧力モーターというものがある。
横浜の産業機械メーカーである中野製作所が開発したものだ。

水道水の流れを利用して発電をする方式は、千葉県の水道局でも行われている。この方式は浄水場の下流側に設置した発電機と浄水場との高低差から生まれる圧力を利用しており、設備も大きく300kw以上の出力がある。

一方、ブレードレス流体圧力モーターの出力はごくわずかであり、現在のところ小さなLED照明を点灯出来る程度ではあるが、その電力は大げさな設備を必要としない。ただ水道水の蛇口から出る水の流れによって生まれる電力である。
同様のものとしてはLED水栓なるものがある。

水栓そのものや水栓の吐水口に取り付ける部品に発電機能があり、LED照明が点灯して吐水口から色の付いた水が出てくるというものだ。

水力発電はエネルギーを消費せずに電力を生むことができる。蛇口から出る水の圧力は、元々は単なる高低差から生まれるものだ。
地球を覆う水は膨大な量である。この水を利用しない手は無い。

そんな着眼点から生まれた発電方法が、黒潮発電である。

【日本の挑戦と正念場】 原子力村とユダヤ・ウォール街が隠す日本の海流発電 !!

スポンサードリンク

このページの先頭へ