ひな祭りが祝日にならなかった本当の理由は由来を調べると分かる

3月3日は「お雛さま」、女の子のお祝いとして「ひな祭り」のイベントがいろんなところで行われる。
ところがひな祭りはお祓いの習俗という一面もあった。

スポンサードリンク

鳥取県では昔ながらの「流しびな」という行事が今でも行われているそうで、旧暦の3月3日、4月の初めに千代川で行われる鳥取市用瀬町が有名だ。
一対の雄びな雌びなを小さな船に乗せて川に流す。人形には子供についていた災いの元となる罪や穢れが移り、子供の健やかな成長を祈る。このような役割を持つ人形を「形代」という。

祝日になっている端午の節句、こどもの日に飾る五月人形には形代として使われた歴史は無い。それに反しひな人形には1000年以上もの人の営みと願いが込められている。形代はお守りとしての意味もあり、ひな人形はお守りとも言えるのだ。

さて5月5日はこどもの日であり祝日となっている。しかし3月3日は祝日ではなく、男の子の祭りと女の子の祭りに差別があるという議論がある。つまり男の子の祭りが祝日なのは男女差別であるということだ。

スポンサードリンク

1月7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日、これらの日を五節句という。それぞれ、七種の節句、桃の節句、端午の節句、七夕、菊の節句、と言われ江戸幕府が正式に決めたものだ。ところがこの五節句が明治維新によって無くなってしまう。

明治新政府は1873年(明治6年)、五節句廃止令なるものを発布して節句を止めてしまった。
しかし民間では、桃の節句や端午の節句そして七夕と子供が主役のお祭りが生き残っていた。

時は移って大正時代半ばになると、国際的に子供を大切にしようという運動が起きた。日本でも同様の気運が強まり児童愛護運動が活発に行われるようになった。その一環として端午の節句である5月5日を「児童愛護デー」として、大きな行事が行われるようになった。

そして戦後、1948年には民間団体の請願によって「こどもの日を祝日」にすることが制定された。
5月5日は、児童愛護デーが「こどもの日」として祝日になったのであり、端午の節句がこどもの日になったわけでは無い。

祝日はとは別に、桃の節句や端午の節句は現在も生き続けているのである。

ビッグひな祭り

スポンサードリンク

このページの先頭へ