戦後日本経済の基盤を作ったのは鈴木商店の金子直吉だった

昭和の大恐慌の発端となる1927年の昭和金融恐慌で経営破たんした新興財閥企業 鈴木商店に、今、関心が持たれている。と言っても管理人だけなのかもしれないが・・・・・

地元の新聞にとある記事が掲載され、そこで鈴木商店に関するウェブサイトが一新されたことを知った。
鈴木商店のサイト ⇒ 鈴木商店記念館

スポンサードリンク

鈴木商店は、近代史に関する本を読むと必ず書かれている昭和金融恐慌時の代表的な倒産企業である。

管理人は近代史がとにかく好きなので、明治維新以降の歴史書はかなり読んでいたつもりだが、残念ながら鈴木商店については、明治後半に現れた政商の典型的な企業と認識していた。
しかし、たまたま読んだ地元紙がきっかけで、鈴木商店の歴史的な役割が甚大であったことを知ることとなった。

鈴木商店が創業したのは1874年、大阪の米問屋「辰巳屋」の暖簾分けで神戸の店をもらい、鈴木岩治郎が始めたもの。
当初は主に樟脳や砂糖の取引をしていたが、業態が大きくなるにしたがい、鉄鋼・タバコ・ビール・造船・保険と事業拡大が行われ、ピーク時には日本のGNPの1割を売上るまでになった。

創業者の鈴木岩治郎が1894年に急逝するが、夫人のよねは番頭に事業を任せて継続を図った。その番頭の一人が金子直吉であった。

金子は台湾樟脳油の販売権を獲得したのを皮切りに、事業の拡大を図り、これまで個人商店であった鈴木商店を法人とした。
そして、多くの企業を設立または買収して一大コンツェルンとなっていく。

買収や設立した企業のうち誰もがご存知の企業を列記すると

  • 小林製鋼所-現在の神戸製鋼所
  • 播磨造船所-現在のIHI
  • 帝国人造絹糸-現在の帝人
  • 帝国麦酒-現在のサッポロビール
  • 帝国石油-現在の昭和シェル石油
  • 東京毛織-現在の三菱レイヨンとカネボウ化粧品
  • 日本教育生命保険-現在のプルデンシャル・ジブラルタファイナンシャル生命保険
  • 新日本火災海上-現在の三井住友海上火災保険

まだまだこういった企業はたくさんあり、鈴木商店が係わりを持つ企業は80にも及ぶという。

スポンサードリンク

鈴木商店が飛躍的な成長を遂げたのは、第一次世界大戦によってであったが、終戦の翌年の売上高は、三井や三菱を上回るものであったという。

金子直吉は何故このような商才があったのか、三菱の創始者である岩崎弥太郎と同じ土佐出身であるが、龍馬同様、先を見る目が鋭かったのだろうか。日本の近代史にはやはり、薩長土肥は欠かせない存在だということを改めて思い知らされる。

金子直吉伝

金子直吉翁筆山に眠る

スポンサードリンク

このページの先頭へ