医学部に入学するために必要な入学金はいくらか

入学金がこんなになるとは知らなかった

医学部に進学するには金がかかるとよく言われる。
ではいったいどのくらいかかるのか、とあるサイトに私大医学部のデータが掲載されていたので表にまとめてみた。
入学金の高い順に並べると次のようになる。

スポンサードリンク
入学時 初年度 6年間合計
K大学 1,201万円 1,201万円 4,716万円
F大学 900万円 900万円 3,800万円
T大学 881万円 1,142万円 3,750万円
T大学 880万円 880万円 3,284万円
S大学 825万円 825万円 3,700万円
A大学 750万円 950万円 3,800万円
T大学 740万円 740万円 2,940万円
F大学 732万円 962万円 3,777万円
S大学 690万円 690万円 3,440万円
K大学 650万円 1,100万円 3,950万円
K大学 640万円 920万円 3,220万円
K大学 605万円 950万円 3,700万円
D大学 600万円 960万円 3,660万円
N大学 545万円 545万円 2,770万円
K大学 525万円 900万円 3,890万円
H大学 525万円 850万円 3,700万円
I大学 500万円 900万円 3,400万円
T大学 480万円 480万円 2,580万円
N大学 435万円 635万円 3,310万円
O大学 418万円 648万円 3,141万円
K大学 390万円 680万円 3,580万円
T大学 376万円 649万円 3,760万円
K大学 335万円 570万円 2,770万円
S大学 300万円 450万円 2,200万円
J大学 245万円 290万円 2,080万円
T大学 225万円 350万円 2,250万円
K大学 198万円 376万円 2,156万円
S大学 100万円 591万円 3,049万円
J大学 50万円 460万円 2,260万円

6年間合計では2,000万円~4,000万円というところだが、実は入学時が親にとっては大変なのだ。

受験するのは1校だけとは限らない。第1志望とすべり止め2校で計3校受験するというのは普通にあることだ。

どの大学でも同じことが言えるが『合格通知から1週間ぐらいで入学時金の払い込み』が必要となる。
ここが問題なのだ。

例えば、上の表の上位3校を受験したとする。
第1志望は3番目のT大学とする。受験日と合格発表日は、K大学、F大学、T大学の順だとする。

最初のK大学の合格通知が来た、しかし、F大学、T大学の発表はまだ先だ。
入学時金をどうする?

すべり止めの大学とは言え、第1志望の結果が分からない以上は入学金は払わざるを得ない。
次に、F大学の合格通知が来た。だが、T大学の結果はまだ分からない。

そして最後にやっと、第1志望のT大学の合格通知が来た。

都合、3校分の入学時金 2,982万円が必要になる。
すべり止めが増えるともっと大変なことになる。

子供を医学部に行かせようと考えているのなら、この程度の金額は準備しておかねばならない。

早稲田塾 2013年度 医学部合格者インタビュー

スポンサードリンク

このページの先頭へ