マーくんMVPへの道のり

「田中将大 サイヤング賞に輝く」などという見出しをいつ見ることになるか楽しみだ。

大リーグのMVPは原則投手以外からとされている。とは言っても、サイヤング賞制定以後、投手から10名が選ばれているのでMVP受賞も考えられるが、あくまでも予想の段階だから、サイヤング賞受賞としておこう。

これまで日本人メジャーリーガーが受賞したのは

最優秀新人選手(MLB) 1995年 野茂英雄
2000年 佐々木主浩
2001年 イチロー
ワールドシリーズMVP 2009年 松井秀喜
リーグチャンピオンシップシリーズMVP 2013年 上原浩治

以上の通りだ。

スポンサードリンク

新人王以外は年間通しての実績ではない。
また、新人王を受賞できるのはたった一回しかない。反面、対象になる選手も限られてくる。

だからこそ、MVPまたはサイヤング賞に輝くことは非常に価値が高いといえる。
そして日本人として初めての受賞が田中将大にもたされるのだ。
そんな日が近い将来くることを願うのではなく、予感せざるを得ない。

ちなみに歴代サイヤング賞受賞者の中で最高の防御率を達成したのは、ミルウォーキー・ブルワーズのローリー・フィンガーズが1981年に記録した1.04だ。

果たして田中将大はこの数字を超えることが出来るのだろうか?

田中将大

スポンサードリンク

このページの先頭へ