セロトニンと睡眠の関係~寝酒をしても良い睡眠はとれない

必須アミノ酸のひとつであるトリプトファンのサプリメントは寝つきをよくすると言われる。
何故、寝つきがよくなるのかというと、トリプトファンからはセロトニンという物質が作られ、更にセロトニンから作られるメラトニンというホルモンが眠りをさそう働きをする。

ところがセロトニンにはさらに不思議な働きをしていることが分かった。

スポンサードリンク

小保方さんですっかり馴染みとなった理化学研究所が一昨年発表した研究結果がある。
参照 ⇒ 『睡眠・覚醒機能と24時間リズムをセロトニンが束ねる』

人間ばかりか単細胞生物に至るまで、ほとんどの生物には24時間サイクルの振動があるという。これをサーカディアンリズム(概日リズム)というそうだ。研究によるとおよそ24時間11分とのこと。
一般には「体内時計」と言っているもの。

24時間あるいは12時間とか48時間という時間のサイクルは地球の自転によるものだが、地球がもつリズムが地球上に生息するすべての生物に影響を与えていることは想像できる。
そして睡眠という人体にとって極めて大切な生理現象は、地球のリズムと関係しており、セロトニンが大きく影響しているという。

セロトニン神経系の研究が進むと、不眠・睡眠障害などの治療や、うつ病・統合失調症などの精神疾患との関連についても多くのことが分かってくるだろう。

さてセロトニンという物質は大変重要な働きをしているらしいことは分かった。セロトニンが不足するといろいろな障害が出てくることも想像できる。
では、セロトニンを増やす為にはどうすればよいのだろう。

スポンサードリンク

簡単な方法がある。
緑茶を毎日飲むことだ!

緑茶に含まれるカフェインやテアニンはセロトニンを増やす作用がある。

我家では先日知人から教わった、お茶!がん死亡率激減!?超健康パワーの裏ワザ で毎日おいしいお茶を楽しんでいる。

ところで・・・寝つきがよくなるという寝酒は実はよくないそうだ!

「ためしてガッテン」で紹介された「すり鉢茶」を常滑焼の新製品で

スポンサードリンク

このページの先頭へ