日本ワインと国産ワインの違いを川上善兵衛が教えてくれた

2018年から酒店やスーパーの酒コーナーの陳列棚に「日本ワイン」というラベルが貼られるようになる。
日本ワインとは『国産ブドウのみを原料としたワイン』のことである。
では日本ワインと国産ワインとは違うものなのか?
国産ワインとは『原料となるブドウやブドウ果汁の生産地に関係なく、日本国内で「ビン「詰」などの加工を施したワイン』のことである。

スポンサードリンク

ブドウ果汁にいろいろなものを加えて美味しいワインにしたものや、極端に言うと原料の輸入ワインを単にビン詰したものも「国産ワイン」と言われ、これまでは流通していたわけだが、国税庁が表示告示を策定して日本産のワインのブランド化を計ることになった。
日本国内でブドウからワインを造るようになったのは明治になってからだ。
山梨県甲州市勝沼は誰もが知る日本ワイン発祥の地だ。

新潟上越市にも日本のワイン造りを牽引したワイナリーがある。
岩の原葡萄園」という。

創業者である川上善兵衛は「日本のワインの父」と称される人であった。
川上善兵衛がワイン造りの道に入るキッカケとなったのが、勝海舟との交流があったという。

川上家はこの地で代々庄屋を務める名家であったという。明治維新の頃は勤王派の志士たちを随分と支援していたという。
その中に勝海舟もいたそうだ。

善兵衛が志す「郷土の殖産興業」について、勝海舟に相談するため度々勝を訪れたそうだが、その時に振る舞われた「ワイン」が、その後の善兵衛の道を決定づけたという。

スポンサードリンク

川上善兵衛が「日本のワインの父」と言われる所以は、ブドウの品種開発にある。
膨大な研究を行い現在にまで生き続ける品種は

  • マスカット・ベーリーA
    赤ワイン用の品種として国内第1位の生産量がある
  • ブラック・クイーン
    赤ワイン用の品種で酸味の強いワインになる
  • ベーリー・アリカントA
    赤ワイン用の品種でブレンドに使用されることが多い
  • ローズ・シオター
    岩の原葡萄園のスパークリングワイン「ブラン・ド・ブラン ローズ・シオター」として有名な品種
  • レッド・ミルレンニューム
    白ワイン用の品種でライチのような香りがある

以上だが、これらの品種は日本各地のワイナリーでも栽培されている。

日本酒・日本ワインと日本のモノづくりは豊かになってきた。

岩の原葡萄園[新潟県上越市]

スポンサードリンク

このページの先頭へ