亀の翁・三年熟成が日本酒ランキング1位になったが買うことができない

アメリカのワイン評論家であるロバート・パーカーが発行するワイン情報誌「ワイン・アドヴォケート」内で、日本の純米吟醸酒・大吟醸酒の評価ガイドを発表した。

評価のついた全78銘柄には買い付けが殺到し、もう購入することは出来ない模様だ。
評価された銘柄は厳選された800種類から選ばれたもので、日本酒ファンにとっては興味深々の銘柄ばかりだ。

スポンサードリンク

そして最高評価を得たのが、98PPが付いたのが久須美酒造の「純米大吟醸 亀の翁 3年熟成」だ。

*PPとは「パーカーポイント」と呼ばれるパーカー氏がワインに対して付けている評価点のこと。基礎点が50点、味わいが20点満点、香りが15点満点、全体的な質が10点満点、色などが5点満点となっており、最高が100点となる。

参照 ⇒ ワイン・アドヴォケートが初の日本酒評価を発表|eRobertParker Online Japa

スポンサードリンク

亀の翁を造る久須美酒造とは

天保4年の創業の久須美酒造。180年を超す老舗だ。
米どころ新潟県長岡市にある。

「亀の翁(かめのお)」は「亀の尾(かめのお)」と呼ばれる米から造られる。

亀の尾は明治の中頃、山形県庄内町で農業を営んでいた「阿部亀治」という人物が開発したイネだ。
強風・冷害・病気に強い品種として、大正時代には東北・北陸地方の代表的な品種であったという。
品種の名前は阿部亀治氏の1字から「亀の尾」と名付けられたという。
また亀治氏は昭和2年に藍綬褒章を受章している。

亀の尾は公的機関によってさらに品種の改良が試みられ、ササニシキやコシヒカリなどの系統に受け継がれているという。

時代は進み、世は化学肥料を使用する現代農法の時代になると、亀の尾は化学肥料に合わない品種であることが分かり、やがて米作りの世界から消えてしまった品種であった。

久須美酒造6代目当主の久須美記廸氏が、越後杜氏の長老から聞いた「亀の尾で造った酒にまさる酒はない」という言葉が、亀の尾の復活と、銘酒「亀の翁」が生まれるきっかけとなった。

こうして昭和58年の冬「亀の翁」が誕生したという。

参照 ⇒ 久須美酒造株式会社

山田錦だけではない酒米の種類

酒造米といえば「山田錦」が代表格だが、亀の尾のようにうまい酒を造る米はまだある。選ばれた78銘柄のリストには「雄町」という名も見える。

日本各地の酒米をリストアップしてみた。

北海道
初雫、吟風、彗星、きたしずく
青森県
古城錦、五百万石、豊盃、おくほまれ、華吹雪、華想い
岩手県
ぎんおとめ、吟ぎんが
秋田県
改良信交、秋の精、秋田酒こまち、美郷錦、吟の精、仙台坊主
宮城県
蔵の華、星あかり、
山形県
亀の尾、羽州華三部作、酒の華、豊国、出羽燦々、出羽の里、雪女神、山酒4号、亀粋、酒未来、龍の落とし子、羽州誉、
福島県
夢の香
茨城県
ひたち錦、渡船
栃木県
とちぎ酒14
群馬県
サケビカリ
新潟県
五百万石、越淡麗、一本〆、白藤、菊水
埼玉県
さけ武蔵、白目米
千葉県
総の舞、
静岡県
誉富士
長野県
たかね錦、金紋錦、美山錦、白樺錦、ひとごこち
富山県
雄山錦、富の香
愛知県
若水、夢山水
岐阜県
飛騨誉
京都府
和歌山県
山田錦
兵庫県
山田穂、新山田穂、山田錦、辨慶、播磨錦、但馬強力、野條穂、兵庫雄町、改良山田錦、愛山、なだひかり、六甲錦、灘錦
鳥取県
強力
岡山県
雄町
広島県
八反35、八反錦2号
島根県
改良雄町、神の舞、佐香錦
山口県
穀良都、西海、西都の雫
香川県
オオセト
高知県
土佐錦、吟の夢、夢一献
熊本県
神力

日本酒は銘柄ももちろんだが、原料米で飲み比べるのも楽しそうだ。

【酒蔵PRESS】SAKE COMPETITION 2014

スポンサードリンク

このページの先頭へ