体育の日の由来は東京五輪だが2020年以降はいつが体育の日?

体育の日は1999年までは10月10日だった。
10月10日は1964年開催された東京五輪の開会式が10月10日だったからだ。その後ハッピーマンデー制度により10月の第2月曜日となっている。

2020年の東京五輪は7月24日(金曜日)が開会式となる。
2020年以降の体育の日は変わらず10月第二月曜日のままかそれとも・・・・・

スポンサードリンク

国民の祝日に関する法律

体育の日をはじめ、日本の祝日は法律によって決められている。法律名は「国民の祝日に関する法律」という。

現在、祝日は次の通りとなっている。

元日 1月1日
成人の日 1月の第2月曜日
建国記念の日 2月11日
春分の日 3月19日~3月22日
昭和の日 4月29日
憲法記念日 5月3日
みどりの日 5月4日
こどもの日 5月5日
海の日 7月の第3月曜日
山の日 8月11日
敬老の日 9月の第3月曜日
秋分の日 9月22日~9月24日
体育の日 10月の第2月曜日
文化の日 11月3日
勤労感謝の日 11月23日
天皇誕生日 12月23日

今年8月の“山の日”が出来たので祝日が無いのは6月だけだ。

もしも2020年の東京五輪後に体育の日が変更になると、10月の休日が無くなり7月の祝日は“海の日”と“体育の日”と2日になる。それならば第3火曜日を“体育の日”として、土・日・月・火の4連休を設けると、春・夏・秋と大型連休を設けることもできる。

これもいいように思うがどうだろう。

真夏の体育の祭典は本当に可能か

“体育の日”が7月に変更・・・と考えてみると、真夏の体育の祭典とはどうなのだろうという疑問が具体化してくる。

オリンピックはプロの選手が登場するわけではない。アスリートと言っても職業としているわけではないから、我々一般人と立場が変わるわけでは無い。
同じ立ち位置で考えた時に『真夏のオリンピックって本当に大丈夫?』と多くが思っているはずだ。

ではどのくらい東京の7月は暑いのかを検証してみよう。
下の表は開会式が行われる7月24日、江戸川臨海の過去20年間の最高気温である。

西暦年 最高気温℃
2015 32.2
2014 32.2
2013 26.2
2012 29.6
2011 30.0
2010 33.6
2009
2008 30.9
2007 30.1
2006 25.1
2005 26.3
2004 33.0
2003 24.2
2002 30.3
2001 35.1
2000 30.5
1999 30.7
1998 27.3
1997 29.8
1996 27.8

炎天下の中、屋外でスポーツを楽しもうという気分になるだろうか。

過去のオリンピック開催時期と最高気温

過去のオリンピック開催時期と最高気温がどの程度であったか検証してみよう。

西暦年 開催都市 開催期間 平均最高気温
2016 リオデジャネイロ(ブラジル) 8.5~8.21 25℃
2012 ロンドン(イギリス) 7.27~8.12 22℃
2008 北京(中国) 8.8~8.24 29℃
2004 アテネ(ギリシャ) 8.13~8.29 33℃
2000 シドニー(オーストラリア) 9.15~10.1 20℃
1996 アトランタ(アメリカ) 7.19~8.4 31℃
1992 バルセロナ(スペイン) 7.25~8.9 28℃
1988 ソウル(韓国) 9.17~10.2 26℃
1984 ロサンゼルス(アメリカ) 7.28~8.12 25℃
1980 モスクワ(ソビエト連邦) 7.19~8.3 23℃
1976 モントリオール(カナダ) 7.17~8.1 26℃
1972 ミュンヘン(西ドイツ) 8.26~9.11 20℃
1968 メキシコシティ(メキシコ) 10.12~10.27 22℃
1964 東京(日本) 10.10~10.24 21℃
1960 ローマ(イタリア) 8.25~9.11 28℃
1956 メルボルン(オーストラリア) 11.22~12.8 24℃
1952 ヘルシンキ(フィンランド) 7.19~8.3 21℃
1948 ロンドン(イギリス) 7.29~8.14 22℃
1936 ベルリン(ドイツ) 8.1~8.16 24℃
1932 ロサンゼルス(アメリカ) 7.30~8.14 25℃
1928 アムステルダム(オランダ) 7.28~8.12 21℃
1924 パリ(フランス) 5.4~7.27 24℃
1920 アントワープ(ベルギー) 4.20~9.12 22℃
1912 ストックホルム(スウェーデン) 5.5~7.27 22℃
1908 ロンドン(イギリス) 4.27~10.31 22℃
1906 アテネ(ギリシャ) 4.22~5.2 20℃
1904 セントルイス(アメリカ) 7.1~11.23 31℃
1900 パリ(フランス) 5.14~10.28 24℃
1896 アテネ(ギリシャ) 4.6~4.15 20℃

こうしてみると近いところでは、2004年のアテネや1996年のアトランタは30℃超えの環境で行われた。
2020年の東京が特別過酷だということではないようだ。

水分補給と運動能力

高温での運動になぜ問題があるかというと、身体から水分が失われると運動能力が落ちるからである。
水分が失われるのはほとんど汗として出ていってしまうからだが、気温が高いほど体温の上昇も激しくなる。
人間の身体は体温を一定に保とうとするので、体温が上がると熱を発散する為、皮膚の血管が広がり血液が流れこんで来る。
運動に必要な筋肉への血液はこうして皮膚に流れ行く為に、筋肉は本来の働きをしてはくれない。

そこで、水分を補給して筋肉への血流を確保する必要があるのだ。

東京オリンピック開会式

スポンサードリンク

このページの先頭へ